住宅リフォーム専門士が伺います

一般社団法人 日本住宅取得応援協会認定 住宅リフォーム専門士が伺います。

インスペクター(住宅リフォーム専門士)とは…

住宅インスペクションは住宅診断や建物検査などともいわれ、住宅に精通した住宅インスペクター(住宅リフォーム専門士)が、第三者的な立場から、また専門家の見地から、住宅の劣化状況について調査を行い、欠陥の有無や補修すべき箇所、その時期などを客観的に診断するというものです。
アメリカのように、住宅インスペクションが一般化していない日本では、一部の買い主が住宅インスペクションを自己負担で依頼するケースも多く、住宅の購入前や、ご自宅の売り出し前に住宅インスペクションを行うことで、建物のコンディションを把握し、安心して取引を行うこともできます。
また、居住中の自宅について調べることもあり、不動産仲介業者が物件の状況を消費者に明らかにするために住宅インスペクター(住宅リフォーム専門士)を利用するケースも今後増えてくるでしょう。

住宅インスペクションの内容は、目視で、屋根、外壁、基礎、室内、小屋裏、床下などの劣化状態を診断するのが基本ではあるが、調査会社や依頼主の要望によっては専門的な機器を使用して診断したり、床下や天井裏などの内部に立ち入って診断するなどさまざまなケースがあります。
住宅インスペクションの費用は、目視による標準的な診断で、5万~8万円程度が一般的だといわれます。

当店は一般社団法人 日本住宅取得応援協会の5つ星認定優良工務店です。

「住宅コストが高くなる理由」、「建築費用を30%安くする方法」、「お家購入の最適な時期は?」など、住宅購入前に知っておきたい知識はいろいろあります。
それらの情報をお客さまに丁寧にお伝えし、親身になって家づくりに取り組む優良企業を、当協会では「認定店」と認定しています。

代表理事 森岡 真司